モリアージュナイトブラでバストアップ(育乳)

一般的なバストアップ(育乳)方法としてはいくつか方法があります。


気にせず、モリアージュナイトブラ【Moriage加圧ブラ】をつける以外なにもしていないとしたら、もったいない!!






いまからでもバストアップ(育乳)方法をまなんで魅力的な谷間をつくっちゃいましょう!!


1.まずは常にブラジャーを着用すること


帰宅したら、開放感のためにすぐにブラジャーを外すという方も多くおられるとおもいますが、それはバストアップ(育乳)にはよくありません!!


地球には重力があり、下へ下へと力がはたらきます。『若いから大丈夫!』っておもっていても実はバストをひっぱりあげているクーパー靭帯という靭帯が伸びてしまうと、おそろしい『垂れ乳』の第一歩となってしまいます。美乳、豊胸のために、ブラジャーは帰宅後もつけていろいろな負担からバストをまもりましょう。





家事をしていくうえで、料理や洗濯をしているときでも、つねに胸は揺れます。この状態では胸にいつも負担がかかってしまいます。そのtことを意識して、とにかくバストに余計な負担をかけないということを意識しましょう。


2.睡眠時もブラジャーを着用


帰宅後もそうですが、寝ているときこそブラジャーを外したくなるものです。でもまってください。眠っている間に成長ホルモンは分泌されます。そして、美乳や豊胸がつくられるわけです。


そんなときに、たとえばブラジャーをしていないと胸がよこに垂れた状態で成長してしまうのです。これが『離れ乳』へとつながることもあるのです!!


というわけで、美乳をめざすのであれば、睡眠時のブラジャーも重要です。ただ睡眠時は不要な圧力を感じながらでは、睡眠の質も下がるというもの。





なので、できれば寝返りなどを想定したつくりになっていて、なおかつノンワイヤータイプのナイトブラが育乳にはおすすめです。


3.バストアップ(育乳)のための食事


帰宅後から睡眠までのブラジャーの着用に関する注意事項がわかったら次はバストアップ(育乳)のための食事です。


バストアップ(育乳)のためには、女性ホルモンであるエストロゲンににた働きをする大豆イソフラボンを含んだ食べ物を摂取することがおすすめです♪





男性でも、女性ホルモン注射をすると胸が膨らむといわれています。それくらい女性ホルモンのちからは大きく、いわゆる女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするという大豆イソフラボンはいま注目されています。


さて、大豆イソフラボンを含んだ食物ですが、次のようなものがあります。


  1. 納豆1パック(65mg)
  2. 豆腐1/2丁(55mg)
  3. 油揚げ1/2枚(52.5mg)



1日50mgくらいの大豆イソフラボンは摂取したいので、上記に示したように毎日納豆を1パック食べるとか、おみそしるに、豆腐と油揚げをいれるなどをすれば、十分に取れる量です。


今日からでも意識して大豆イソフラボンを多く含んだ食品を取るようにしましょう。


ちなみに、エストロゲンといわれるいわゆる女性ホルモンのはたらきは、


  • 肌のターンオーバー促進

  • 髪のツヤ・ハリを保つ

  • 女性らしい体型をつくる(育乳)

  • 自律神経安定



といった働きがあるとされます。エストロゲンに似た大豆イソフラボンを摂取することでバストアップ(育乳)効果だけでなく、肌の弾力をたもつコラーゲンを増やし、ハリを保つため美肌効果もあるとされています。


一石二鳥の大豆イソフラボンも取り入れバストアップだけでなく、美肌も手に入れましょう♪


>>モリアージュナイトブラの口コミに戻る

 

サイトマップ